整体整骨とは

◎整体整骨の歴史

・「整体」の意味は、「体を整える」、あるいは、「体のバランスを整える」といえるでしょう。「整体」という名称は、野口晴哉(1911年 - 1976年)が古今東西の療術を統合し、その身体の操法を体系化して創始した治療法の名称なのです。昭和18年~19年にかけて、「整体操法制定委員会」において「整体操法」が制定されたのが始まりとされていますが、このときも野口が中心的役割を果たしています。

・現在の整体の起源は、

①武術 (日本)(骨法や柔術等)に伝わる手技療法

②伝統中国医学の手技療法

③大正時代に日本に伝わった「オステオパシー」や「カイロプラクティック」などの欧米伝来の手技療法

さらに、当時の治療家たちのそれぞれの独自の工夫などを加えたものを集大成したものとなっています。

・整体創設初期には、整体の事を、「正体・正體・整胎術」等と呼んでいました。 整体は柔術などの一部流派で「正體・正体・正胎」という名で呼ばれていた自己改善療法でしたが、野口により「整体」と命名されました。

・しかし整体という用語が他の治療法でも呼ぶようになったので、野口の整体は今日では「野口整体」といって区別されるようになりました。

・野口整体では「人間にあるという体癖(体の歪み)を愉気法や活元という独自の方法で自己治療し、修正現象がおきることで自然体になる」としています。これは、基本的には他人を治療するのではなく自分で自分を治療できるよう指導するのが野口整体の整体道場と言えるでしょう。

(Wikipedia参照)