治療院の種類

◎整体整骨院について

・整体師の場合、「治療」というよりも、人の体に触って行う「治療類似行為」と言えます。「脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢等」の体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正と、骨格筋の調整などの症状の改善や軽減を目的としておこなう民間療法の一つだと思ってよいでしょう。

・整体師(士)は、一般的な病院の医師とは異なるので、医師の名称は使用できないようになっています。また、ドクターの名称についても、医師との紛らわしさを防ぐために、医療系のドクターでないこと、さらに専門分野を明らかにして表記しなくてはならないと、厚生労働省の通知があります。

・ 整体師は、あん摩マッサージ指圧師、はり師、灸師及び柔道整復師ではないので、当該国家資格を持たない限り、あん摩、指圧、マッサージ、はり(鍼)、灸、接骨、整骨等の用語を使用してはならないとなっています。

・ 認定資格がある場合でも、整体師は国家資格ではなく、法的根拠のない民間の資格にすぎないということです。人の体に触って行う治療類似行為(体重をかけて痛みを伴う場合)を行った結果、それが著しく好ましくない状態に施術をうけた人がなった場合は、刑法の定める「業務上過失傷害罪」等に問われる場合があります。また、医療機関への受診が必要なのに、これを妨げて受診できず相手が死傷した場合には、「保護責任者遺棄致死傷罪」や、「不作為による殺人罪」にも問われる可能性もあるのです。

・整体師のみの開院では、「接骨」「整骨」「〇〇療院」「〇〇治療院」という用語は、医師法で認められた病院と紛らわしいので、使用が禁止されています。

(Wikipedia参照)