健康体になろう

◎日々の心がけ

・健康体であるためには、シンプルな生活=規則正しい生活が大事だと思います。

①三度の食事を決まった時間になるべくとること。

②夜更かしをなるべく避けて、睡眠を充分にとること。

③適度な運動を毎日心がけること。

・だいたい、この3つを守っていれば、健康体であることを維持できると思います。ところが、今日のわたしたちは、朝ごはん抜きで学校や職場へと行ってしまいます。仕事が忙しい人は、昼食もロクに取れず、簡単におにぎりやパンで済ます、ということもあるでしょう。夕食になると、独身の人は、外食やお弁当が多くなり、栄養が偏りがちになります。接待などで飲酒も多く、高カロリーな食事を取る機会も多くあることでしょう。

・また、遅い食事時間から就寝も自然と遅くなり、睡眠が充分にとれない場合もあります。遅い就寝となれば、当然朝は早起きなどは出来ず、結局朝ごはん抜きの生活へと悪循環に陥ってしまいそうです。睡眠不足は、昼間の仕事にも悪影響ですよね。

・運動不足は身体にあまり良くない、ということは情報として知ってはいるのです。中高年のメタボリック症候群にあるように、内臓脂肪をつけてしまう原因にもなることも知ってはいるのです。ですが、仕事の忙しさ、疲れから運動しようとなかなかしません。その結果、体力の衰えによる免疫力の低下からくる病気、筋力の衰えによる運動能力の低下からくる骨折・怪我ということが起こってしまうわけです。

・毎日は無理でも、全然しないよりは、1週間に数日は、↑の3つを実行してみませか。ストレスを身体や心にためないためにも、規則正しい生活は効果的なのですから。

・休日は、ダラダラ過ごすよりも、身体を軽く動かすつもりで掃除をしたり、お天気がよければ、近所の公園や一駅、二駅を歩いてみるのはどうでしょう。高額なスポーツクラブに入ることはなくても、軽いジョギング、少し長めの散歩で結構運動でき、汗をかくことで身体のリフレッシュができそうです。